松戸市 足首痛がある会社員の方

松戸市にお住まいの30代会社員 男性 Uさん

症状:足首痛

歩いて体重が乗るときに右足首が痛い。

右足首をチェック。Uさんの足は右足首の踵骨(しょうこつ)という踵(かかと)の骨と、楔状骨(けつじょうこつ)という足の小さい骨がズレており、そこを調整して右足首の痛みは改善。
来院時は、右足首にサポーターをしていたが帰りは付けなくても大丈夫そうとのこと。
人間は2足歩行で常に立ったり歩いたりしますから、歩き方のクセや重心に偏りがあると、足の骨が歪んできます。

Uさんは幼少期に交通事故で大きな手術をしており右足よりも左足が短くなっています。普段、お仕事で歩くことが多いこともあり、日常の生活で左足をかばうことによって、徐々に右足首などに負担が来てしまうと考えられます。

最後に、右足首へ負担がかからないように普段の立ち方、歩き方、セルフケアをお伝えし終了しました。

LINEで送る


 


コメント


認証コード1783

コメントは管理者の承認後に表示されます。