慢性症状に対する今までとは違う角度からのアプローチ

画像の説明


あけましておめでとうございます。

昨年も、セミナー、勉強会で様々な知識や技術を吸収してきましたが、日本のみならず、ヨーロッパの国際セミナーへ参加し、うつ、アトピー、自律神経失調症などの様々な慢性的な重い症状に対して、今までとは違う角度からのアプローチを行ってきました。

具体的には、

・カンジダ菌の問題
・重金属の問題
・リーキーガットの問題
・慢性副腎疲労の問題

これらの問題は、日本では、まだまだ知られていない方が多いですし、お医者さんでもカンジダ菌や重金属に対してアプローチしている方は何人かはいますが数える程度です。

これら問題と、去年、重点的にアプローチしてきた精神心理の問題を解決することにより、うつ、アトピー性皮膚炎、重い婦人科系の症状、自律神経失調症などへ素晴らしい効果が期待できるようになりました。

今年は、さらに上記のような症状への深い知識を深め技術を磨き、皆さんの健康と笑顔を増やせるように邁進してまいります。

本年もよろしくお願いいたします。

本年は1/6より営業となります。

LINEで送る


 


コメント


認証コード7676

コメントは管理者の承認後に表示されます。