うつ病、自律神経の症状は心のバランスの回復が鍵!

画像の説明

本日、12/30を持ちまして2015年の仕事納めとなりました。
今年もお客様を通じて、沢山の経験をさせて頂き感謝しております。

その経験の中でも肉体レベル(筋肉、骨格、内臓、神経)へのアプローチだけではその場では良くなっても、次回来院された時には症状が戻っていたり、ある程度良くなってもそこから停滞してしまったりと、根本からの回復が難しかった自律神経失調症うつ病などのお客様に対して、感情レベル(怒り、悲しみ、不安など)という部分にアプローチをすることによって劇的に回復された方を何人も見ることができました。

一例ではありますが、

中学生から10年以上も精神薬を飲んでおり、体の震えが止まらない。鉄仮面のような無表情で目はうつろ、体がガチガチに固まっていた女性が、当院の施術で震えがなくなって、体も柔らかくなり、私に冗談を言えるくらい明るく笑顔になった20代会社員の女性。

パニック障害で電車や人の沢山いる場所では呼吸が苦しくなってしまう症状が回復。今はどこへいっても呼吸が苦しくなることはなくなり、新しく仕事を始めた。40代の主婦。

など、多くの喜びの声を頂いております。また、現代医学では完治が難しいと言われているアトピーや不妊症、生死問題となるガンなども、皆様からの嬉しい声を頂きました。

回復されたお客様とカウンセリングしていく中で判ったことは人間関係や仕事関係でストレスを抱えている方がほとんどということでした。

そのストレスは怒り、悲しみ、怖れなどの感情を伴って、心の中のつかえ=不満となり、肉体(特に、脳と神経)を疲労させます。その不満を解放することによって、ストレスで疲労していた脳、神経系の働きが良くなり、体も一気に回復へ向かうようです。

去年から今年にかけて、病院でうつ病と診断された方や、神経系の疲労を抱えているお客様が増えてきており、肉体のケアはもちろんですが、心のケアが今まで以上に重要な時代になってきているのだなと強く感じています。

このような時に、肉体レベルと感情レベルへのアプローチが当院の整体で出来るようになり、様々な症状に対して結果を出し、皆様の笑顔が沢山増えることに確信を持っております。

来年も、皆様の心と体の健康をしっかりサポートできるよう精進して参ります。

今年もありがとうございました。
皆様、良いお年をお迎えください。

来年は、
2016年1月5日(火) 10:00~
通常通り営業となります。

LINEで送る


 


コメント


認証コード7459

コメントは管理者の承認後に表示されます。